Dear marutan*
by y-mirai
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Lilypie Lilypie
<   2006年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2006年 11月 27日
居候生活スタート
ご無沙汰しております。
引越しを終えました。
私のお仕事が終わるまでの間 実家での生活がスタートです。
母子家庭だった先の生活に比べ 楽をさせてもらってます^^;

【引越し】
実は結婚して家を出るとき 夫の住むお家へ身一つで行ったので
引越しは初めて・・・・
まさかこんな大変だとは思いませんでした。
きっと普通の人の引越しだって大変だと思うのですが
我が家はパパのガラクタが多すぎて想像を絶しますよ。
引越しやさんが見積もりの下見に来たとき。。。
まず「フィギアをどうすれば」の説明から入ったくらいです。
でも 後片付けもあと一息のところまで来ました♪

【新居】
小さな古いアパートの2Fです。
1Fに他人が住んでるという状況が初めてなので
今までは気にしなかったmaruたんのボール遊びにヒヤヒヤ(>_<)
テレビのチャンネルは東京と同じでした♪

【文化の違い】
新しい住まいとなる場所はとにかく車社会です。
引越し後4日程滞在しましたが、駅の場所さえ未確認!(遠いから)
あと歩いて行ける距離にコンビニ スーパーがありません。
生活に必要なすべてが家の側にあった今までを考えるととても不便ですが。。。
そんな環境にも慣れて行くのんびりさが身につくといいなぁと
前向きに考えています^^*(本心です)
***************************************

f0074293_21464588.jpgアパートから3キロ(車で5分)に位置するショッピングモールにて・・・
(最近出来たらしいです。このショッピングセンターがなかったら私の心の回復にもっと時間がかかってたかも・・スタバも発見しました!) 


*************************************************

【さよなら皆さん】
保育園の最終日 maruたんの成長を日々見守ってくれた上野先生と和田先生です。
お二人曰く
最終日までの数日間「抱っこ抱っこで離れようとしなかったのよ。
お別れが来ること分かってるみたいに」と。
保育園が大好きだったmaruたん。
何かを予感して 寂しかったのかもしれません。。
悲しいお別れでしたが またいつか顔を見せに来ようと思います。
私もパパも保育園を出るときはウルウルでした(悲)



*************************************************
引継ぎは2週間の予定です。
お家をどんな風にしていくか。。(レトロにしかならないんだけど。。)
仕事を辞めた後のまったりLIFEをmaruたんとどうやって過ごそうか。
毎日そんなことばかり考え 夢見ています。
まだちょっとバタバタした感じはありますが、
少しづつ ブログも再開しますので、
また遊びに来てくださいね。

ここ数日でmaruたんはどんどん成長しています。
その様子もアップしていかなきゃ。なんといっても育児日記だから(笑)
[PR]
by y-mirai | 2006-11-27 22:00 | 1歳
2006年 11月 17日
しばしお休みします
パパは遠くでお仕事をしていますがこの度ママとmaruたんも追い掛ける運びとなりました
お引越しです
来週に迫ったこの引越しにママ働き蜂(笑)
仕事の引き継ぎはこれからなのでしばらくは実家に居候しますがblogはそれまでお休みします♪


maruたんの『かわいい』近頃編

どんぐりころころどんぐりこぉ♪お池にはまってさぁ大変っ
どじょうが出て来て・・
まで来ると『ペコッ』とおじぎします。
朝から癒されました♪

忙しいご飯支度は熱々になってしまうことが多々!
ママのふぅふぅを見てmaruたんもふぅっふぅっ(笑)
ママが微笑むとmaruたんもニッコリ◎

あれ以来maruたんは夜起きることもおっぱいを欲しがることもなくなりました
こうして落ち着いてみると
妙に寂しさが沸いてきます

でもmaruたんの成長を喜ばないといけませんね!
それに引越しの準備準備~

一日も早く家族が揃って暮らし
maruたんとまったり出来ますように☆
[PR]
by y-mirai | 2006-11-17 21:19 | 1歳
2006年 11月 14日
maruたん10時間 母7時間
maruたん・・・この世に産まれて初めて。。。
ママ・・・1年と2ヶ月3週間1日ぶりに。。。。
夜中起きずに朝まで寝ました。
断乳2日目の夜で 「またあの辛い大泣きかな」なんて思ってた母。
寝る前に「どうか 昨日よりは諦めが早くありますように」と祈った母。

maruたんのグズグズ泣きが聞こえ時計を見たら朝の6時でした。。(≧∀≦)/

こんなにうまく行くなんて。
朝ごはんもモリモリ。
お昼もモリモリ(だったそうです)
夜ご飯に限っては お料理してる間 マドレーヌをあげてしまったので
おかずばっかり食べて 白いご飯は拒否されましたが
おひざの上で食べさせたらなんとか食べてくれました。(間食はダメですね。)
牛乳もごっくごっく飲みます。

コップで一人で飲めるようになりました。
嫌がらせか好奇心か、たまにコップを逆さにします。
その瞬間は見逃してしまう私。
空になったコップを「空いたよ」って差し出すmaruたんに
「早いねぇ maruたん飲むの上手上手♪」なんて褒めたそばで
床に広がる白い液体を見つけたりしますが。。。。とにかく日々成長です。

今夜は寝入るときご機嫌でした。
鼻歌交じりで寝入りましたよ。そんな時のmaruたんはとっても可愛いです。
さて
昨日の10時間睡眠がまぐれでなく
継続の1日目でありますように♪

そうそう保育園では4時におやつ代わりのミルク(フォローアップ)を200CC飲ませていたのですが
それもやめになりました。
偶然 断乳1日目にミルクを持参し忘れ
「今日ミルクが入ってなかったので飲ませなかったけど 良いタイミングなので
辞めますか?」といわれました。
ちょうど断乳を始めたことを告げると
「突然両方がなくなるのは可哀想かしら?じゃぁミルクは続ける?」と言われたので
「いや。ちょうどいいので両方辞めますよ」
と答えました。保育士さん maruたんをチラっと見て「お気の毒」の表情。。。
maruたん ママはそういう性格なんだ。教育方針もそうなると思うよ。
一度に無理なときは指摘してねん♪
[PR]
by y-mirai | 2006-11-14 23:00 | イベント・記念日
2006年 11月 13日
母子ともに寝坊のわけ。。。
先日苺ママが断乳したと聞いたのをきっかけに、
私も昨日の夜から倣ってみました。。
日頃働いているので「おっぱいでスキンシップ」「せめておっぱいくらい甘やかせたい」なんて
言っていたものの、
「断乳時のmaruたんの苦痛を見たくない」ことが一番の原因な気がして。。。。
それは逆にmaruたんのためにならない気がして。。

辛かったです。昨日のmaruたんは20時に寝て
0時 2時 4時に起きました。
いつも目が覚めちゃうと すぐにおっぱいをくれて 頭をいい子 いい子してくれるのに、
背中をトントンするだけで、おっぱいを全然くれないお母さん。

怒って 怒って大きな声で泣いていたmaruたん。
可愛そうで私まで泣きたくなりました。
一度目が覚めると30分位泣いてた様に感じましたが
実際は15分くらいだったかもしれません。

大泣きがずーっと続き 急にスッーと眠りに入っていきます。
今まで怒りをぶつけて 叩いていたママの身体を 今度は存在を確かめるように
お母さんを撫でる小さな手。
それが「おっぱいくれなかったけど、ちゃんと隣に居るよね?おっぱい以外は
いつも通りだよね?」と言っているようで たまりませんでした。
深夜ってただでさえ 想像力が膨らんでしまいますよね^^;

近所迷惑が気になり お布団の中で2人でじっと耐えましたよ!
よく3日で達成出来ると聞くので どうぞそれ以下で達成出来ることを祈るばかりです。

こうして夜中に何度も目覚めていた 私とmaruたんは寝坊してしまったのです^^*
今日は上司に本当のこと言えませんでした(>_<)

そうそう問題はmaruたんの泣き声だけだと思っていたのですが、
ママのおっぱいはカチコチになり、とっても痛いです。
子を産めるという特権に対し
陣痛 分娩 断乳とさまざまな代償を与えてくれるものですね。。。
でも あとちょっとです。頑張ります!

PS おかげで今朝のmaruたん 朝ごはんをしっかり食べてくれました♪
[PR]
by y-mirai | 2006-11-13 22:27 | イベント・記念日
2006年 11月 12日
興奮した週末
別に特別なことをしたわけじゃないのですが
以前に比べ ちょっとしたことでも好奇心ビンビン。

土曜日はママの短大時代のお友達の家へ。
6人グループなんですが皆が揃う機会もなくなりました。
昨日もたった3人。。。(泣)

maruたんは4.5回は逢った苺ちゃんとも
交流しようとする気配はなし!(2歳を迎える苺ちゃんの方にも無し!)
まだもう少し先でしょうかね。仲良く遊べるのは。
それでもいつもと違うお部屋で自分の知らないおもちゃに興奮するmaruたん。
優しい苺ちゃんは気持ちよく貸してくれましたよ。
そのお返しにmaruたんはアンパンマンの絵本を思いっきり破っていました(:゜д゜:)
苺ママ・・・ 今書いてて改めて思い出したよ。本当にごめんね(>_<)
3人で色んなおしゃべりし 楽しかったな。
maruたんは全然お昼寝しなかったけど、逆に帰り道で
ぐっすりお寝んね。帰ってお風呂に入ると即効眠りの世界に落ちて行きました。

今日は実家の母と妹が遊びに来てくれました。
まったりテレビを見たりおしゃべり。
maruたんを見ていてもらう間
洗濯物やら犬の散歩 お風呂などがスムーズに出来て有り難やぁ♪でした。

夕飯はちょっと早めに近所のお好み焼き屋さんへ。
(お好み焼きといっても 日本酒もおつまみも豊富で美味しいんです。)
さすがに鉄板が危ないので
ママとおばあちゃんで変わりばんこにおんぶ。(何故鉄板の店にした??)
それでもママはビール付きでお刺身やお好み焼きを美味しく頂きました。

ママとお家で2人きりだと抱っこ抱っこで甘えてしょうがないmaruたんですが
誰かが居ると人見知りしない性格が手伝って 機嫌よく遊んでいます。
ママは大分息抜き。
本当はたまにはべったり一緒に居るのも大切かもしれないけど、、
もうちょっとだけ 周りの力に頼らせてね。maruたん。

明日からまた母子家庭生活。
今日は木枯らし一番が吹くなどして明日からの寒さが危惧されますが、
気持ちと洋服を暖かくして 2人で頑張ろうね。
*********************************************
前歯の下の歯と右奥の下の歯が出てきたのを発見しました。
段々 大人の食べ物と同じにしていきたいので
味付けやメニューも気をつけないとなぁ。
歯ブラシもちゃんとしなきゃ。
maruたんの歯は綺麗にまっすぐ生えてきていてママ嬉しいです。
赤ちゃんはみんなそうなのかしら^^*
[PR]
by y-mirai | 2006-11-12 21:43 | 1歳
2006年 11月 10日
10年という単位
先ほどテレビを見ていたら・・・
中学生の同級生で 私が短大に入学する前の春休み、
バイト先で再開した女の子が出てました!
最初見たとき「○○ちゃんに似てるなぁ」と思っていたんだけど
エンディングで名前を聞きビックリ。
(結婚した後の苗字は知らなかったけど少し珍しい下の名前が同じでした!)
バイト当時
「赤ちゃんが出来たのでバイトを辞める」という話を聞いた気がするのですが、
一番上の子の年齢が12歳でぴったり。
今日は5人のママとしてテレビに。
中学校の時も可愛くて評判の女の子でした。
テレビで見た姿は10年と言う時間を丁寧に重ねた姿となり映っていて素敵でした(≧∀≦)/

あぁ 私がのらりくらい暮らしていたこの10年に
彼女は5人もの子供を産んで立派なママになってたんだわぁ。と思うと
凹んだり 尊敬したり^^;

10年ってあっという間です。
私なりに色んなことを経験し、それはかけがえの無い経験となって
私の心に残っていますが、
まさに育児に奮闘している今、同じ歳の子が既に5人のママ・・・
気持ちも交錯します。

maruたん 1年も10年も一生も・・・・・
どう過ごすかによって短くもあり永くもある。
感慨深い10年になるか 淡々とした日々を過ごすかは
どう生きるかに拠って違うからね。
ただ人生は1度だけ、どの年齢も1回しかないのだよ。
ママ maruたんが産まれる前だって
おばあちゃんやおじいちゃんに愛され好きなことをさせてもい
素敵な人生だったけど、
この1年が更に素敵だった様に これから先の1年も5年も10年も
ワクワクしてるよ。。

maruたんはmaruたんのワクワクを見つけ 一生懸命歩んでね。
ママもパパもそれを助け 見守ることを楽しみに
一生懸命歩んでいきます。
[PR]
by y-mirai | 2006-11-10 22:30 | 思うこと
2006年 11月 09日
保育園
maruたん 年内で保育園とさようなら」する予定です。
昨日 そのことを保育士さんに伝えました。
maruたんがホヤホヤの赤ちゃんのときから見てくださった
和田先生にお話しすると こちらが恐縮するくらい
本当にボー然としてしまってオロオロしていました。

私にはちょっと意外な反応で。。。
辞めていく子供なんて沢山居るだろうし、慣れてるでしょ?
そんなにショックを受けなくても・・・と思ったのですが
パパにそのお話をすると、
「そりゃぁ あんなに小さいときから毎日一緒に居るんだから
母性が湧くだろう。1.2歳で入園してくる子とはまた違うと思うよ。」と言われ
納得。同時に とても嬉しかったです。
maruたんのことこんなに愛してお世話してくれてたんだなぁと思って。

転園を考えていた私ですが
今更になって 「ここで過ごして良かった」なんて思っちゃいました。(単純?^^;)
というわけで、残された時間 保育園とのお付き合いを
密にしていこうと思います。
なんといってもmaruたんが保育園大好き!
朝の登園タイムは大変な騒ぎですが、保育園のドアを開けた途端
「うっほっほーい」とスキップする勢いです。
この保育園で培った感性を大切にして欲しいな。

*********************************************
今日はパパがお休みでmaruたんと終日一緒。
ママが出勤した途端「手に負えないから早退して!」と。 ^^;
話によると ずっと外を歩かされ、お昼寝した午前と夕方の2時間以外
殆ど外に居たそうです。
ママは「blog用に写真撮っておいてね。」とメールで指示したのですが、
「無理!そんな余裕ない」との返事。
いったいどんな一日だったのか 覗いて見たいですね^^*
疲れたpapaは既にご就寝です(笑)
[PR]
by y-mirai | 2006-11-09 22:01 | 1歳
2006年 11月 07日
自分で食べる*
maruたん ママがご飯が作る間 卵ボールで腹ごしらえ。(既にバナナも済みマーク)
ちゃーんと一つづつお口に運び
しまいにはお味噌汁でも飲むかのようにガブ飲みポーズしてました^^;
f0074293_229110.jpgf0074293_2291216.jpg
f0074293_2292558.jpg

お食事も何とか自分で食べようとするのですが、
ママからすれば スプーンでお皿のご飯を外に吐き出してるだけのように・・・・(>_<)
すると手づかみに・・・・
今日はチャーハンもどきでケチャップを使っていたので洋服を汚されないよう
ママ汗汗。
これでスプーンが使えるようになれば様子見ながらお鍋洗っちゃったりなんて♪
出来ちゃうのかなぁ(≧∀≦)/夢 夢。
第一 お食事と寝んねは一緒に居てあげないとですよね。
またせっかちするところでした!!

*********************************************
【教育】
先ほど こんな番組に見入ってしまいました。
~秋の教育SP・第二弾現役教師1000人大告白これが今どきの学校だ~
学級崩壊についての討論だったのですが
今の小学生の実態を見て色々考えさせられました。
学校選び。 まだまだ先だけど、ちゃんと考えて選ばないといけないのかしら?なんて。
教育再生委員会(だったかな?)では
親が学校を選べる評価制を採ろうとしているようです。
小学校なんて 学区の学校に通って だから幼馴染が出来て・・という時代に育った
私たちには ちょっと寂しい現実のような気も。
今日の討論を見ていても こうなってしまった原因が分らずじまいでした。
その原因が分ったら 今まで通りでもいい気がするんですけどね。
先生や生徒を評価して学校を選ぶ。
小学校からそんなことやらなくちゃいけないなんて。。。
でもやっぱり我が子は大事だから それがmaruたんのためになるなら
時代の流れに沿って必死に調べたりするんでしょうか?
パパ ゆっくり考えようね。
maruたん maruたんへのメッセージはこれからの日々の中でゆっくり伝えて行くね。
[PR]
by y-mirai | 2006-11-07 22:17 | 1歳
2006年 11月 05日
自我 我儘 甘え過ぎ・・・
単身のパパが金曜日に帰ってきました。
久しぶりに会えて感動!(パパのみ)
f0074293_2211718.jpgいつもの公園で。滑り台もトンネルも大好きです。
f0074293_22113511.jpg自宅近所のおばあちゃんたちです。maruたんをとても可愛がってくれており 私が愛犬の散歩や車の荷物を運ぶ時等 快く面倒見てくれています。
先日は「顔は7回変わるっていうけどmaruたんは今3回目の変化を迎えたね」と言われました。「そうかしら?」なんて思ったけど 良く見ててくれてる事は確かです。感謝!
f0074293_22114859.jpg
今朝はじいじと2人っきりでお散歩に出たmaruたん。ママはちと心配になり(maruたん じいじには一歩距離を置いている)追いかけましたがこんな微笑ましい光景を見つけパチリと撮った後安心して家に帰りました。もっと大きく撮れればよかったなぁ。

*********************************************
【本題】
maruたんは自己主張が強すぎる気がします。。
保育園でも「maruたん本当に甘ったれよ」と言われており・・
まるでそれが「家庭でのしつけはどうなってるんですか?」と言われているようでなりません。
実家の母にも「歳を取ってからの子供だからって甘やかすとmaruのためにならないよ」なんて言われました。

たとえば。。
ご飯の選り好みをする。→満遍なく食べさせようとする→maruたん 口に入っているものを「べーっ」と出し「食べませんったら食べません」のリアクションをする。

たとえば。。
リモコンなどをバンバン叩いている→ママ取り上げる→maruたん 癇癪を起し そこらじゅうのものを投げつけるか泣き喚きママをぶったりする。

数え切れないほどの悪さは皆すると思うのだけど
maruたんは叱った後の態度が悪い悪い(:゜д゜:)
自分の思い通りにならないと癇癪を起します。
こんなもの? やっぱり甘やかしすぎ??
比べようがないのでとりあえず今は言い聞かせています。
ただ私も短気なので一緒になって癇癪を起し 収集がつかなくなる今日この頃。
*********************************************
[PR]
by y-mirai | 2006-11-05 22:28 | 1歳
2006年 11月 02日
人目を憚らず・・・・
保育園の帰り道です。
この頃 抱っこで通園していたのですが
さすがにママの身体も限界となり、ベビーカーに乗せたらこの有様。。
「歩かせろーーーーーっ」
でもね、、maruたんと一緒に歩いたら夜が明けちゃうの。
f0074293_21514634.jpg


とりあえずホームの待合室まで行って少し歩かせよう!
扉も閉まってるし、暖かい!
そう決意し ズンズンホームに向って駅の改札を抜けようとしたら
「○○さん!」と私を呼び止める声。
会社の女の子でした(:゜д゜:)
この駅に住んでいるとは知っていたけど一度も出くわしたことないのに
「何故こんな日に?」もっと微笑ましい母子風景の時だってあるのに!
むしろそっちの光景の方が多いいのにぃ(>_<)

「すっごい泣き声の赤ちゃんが居るな、と思ったら○○さんだったからビックリしましたよ」
(口調は引き気味。)
私は慌ててmaruたんをバギーから開放して抱き上げ、
「歩きたがってしょうがないのよぉ。」
「そうなんだぁ。本当だ。抱っこした途端ピタッと泣き止みましたね。」

きっと「抱けば泣き止むんだからもっと早く抱いてあげればいいのに」って思われただろうなぁ。

だけどね。待合室に一刻も早く着くことしか考えてなかったんですよ。
せっかちが災いしましたね。
でも抱っこしてもすぐ「降ろせ」ってなっただろうから同じことだな。きっと。

maruたんはあまりにも母の仕打ちが許せなかったのか、すっかりご立腹で、
待合室についてせっかくあんよさせても地べたに仰向けになって泣き喚いていました。
待合室が無人で良かったですよ。本当に。

取り返しがつかなくなることを学んだので
これからはmaruたんが爆発する前に対処しようと思います。

それにしても難しいですね。公共の場って。
今後が思いやられますよ。(泣)
[PR]
by y-mirai | 2006-11-02 22:01 | 1歳